パペット 顔の作り方

2009.02.24 Tue

色々な顔

ずらりと並んだパペットの顔です。

△▽○など図形が書いてありますが、その形に布を切って作ったのです。

1月16日にパペットの型紙を載せましたが、その時はしゃくれた顔(上段左)で複雑な型紙でした。
それ以外の顔は前後同じ形を2枚切ればよいので、とても簡単です。

丸形で直径11?です。三角形、楕円形、長方形でも概ねそれに合わせた大きさにすれば大丈夫です。

動物の場合は少し大きめの方がよいでしょう。

前後同じ顔布を ぐるりとぐし縫いをしてギャザーを少し入れます。それからミシンをかけて、首の差し込み用の切り込みを入れます。

切り込みから表に返し、綿を入れます。
ギャザーを少し入れておくと顔に丸みが出ます。

顔の中央に鼻を付けます。鼻は共布を丸く切り周りを縫い縮めて綿を入れたものです。

目はボタンでも良いし、手芸店で売っている目玉でも良いです。写真に写っている目は百円ショップで買ったものです。

口は刺繍糸でチェーンステッチをしました。
最後にほお紅で頬に色を付けました。

胴体とのつなぎ方は1/16の記事を見てください。

    ……★……

興味を少しでも持たれたらピポッと宜しくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

newうばゆり日記←新しいうばゆり日記

ちょっとお茶でも3←コメントはこちら

  1. 2009/02/24(火) 21:49:56|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パペット作り…足の作り方…

2009.02.19 Thu

足 色々
上の写真はパペットの足です。

今回は足の作り方を説明します。
足の型紙
型紙に縫い代をつけて生地を裁ちます。
足の部分はボディーや顔と同じ布を、靴はフェルトの様な厚地がよいです。

1・足を縫ったら表に返し、下3分の1位まで綿を詰めます。

2・靴を縫い表に返します。足を靴の中に入れ甲の部分に綿を入れます。靴と足を重ねて縫い縮めます。

3・靴裏に合わせて靴底を切ります。大体3×5?の楕円形になります。その靴底を靴裏に縫いつけます。

4・写真の靴のようにボタンやリボンを飾ります。

靴下をはかせる場合はジャージの生地を長めに切りますが、型紙は靴と同じです。

出来上がった足をボディーの前部分に縫いつけるのですが、その際足の長さを調節します。動物や赤ちゃんの場合は10センチ前後、子どもで12センチ前後、大人で14?前後です。余分な長さは縫いつける時に切り捨てます。

足が付いたら洋服を作りましょう。
 


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

newうばゆり日記

  1. 2009/02/19(木) 21:27:32|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

うばゆり

Author:うばゆり
長野県で山里生活を楽しんでいます。花、山菜採り、流木や石拾い、手芸 ウロウロ散歩で大忙しの毎日です。
スモーク (同居犬) 自分が犬であることを自覚していない、体が馬鹿デカイ事を自覚していない、そんな犬です。そこから起こるトラブルがブログに登場します。
山人氏 (同居人)戸籍上は夫と言うが定かではありません。名前の通り「山の人」で自宅にいるよりも山の中にいることが多い。従って登場場面は犬以下です。
その他、猿、熊、カモシカ、鳥、虫などが活躍します。

最近のエントリー

検索フォーム

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約