便利なハンカチ

2010.02.05 Fri




久しぶりの古日記です。
引っ越し先の方が忙しくて、なかなかこちらまで手が回らず、放りっぱなしでゴメンナサイ。

パッチワークもどきで膝掛けが完成しました。
本格的に習ったことが無く、全くの自己流のパッチです。手元にある古い布を手で丹念につなぎ合わせ、所々に色合いの良い布を上からアップリケしたのです。

このアップリケをした布はハンカチなんです。
ハンカチは色柄が美しくて丈夫です。布が薄いので上に載せても処理が楽なんです。
特に折角布をつないだのに色合いが悪くて気になる時は ハンカチが大いに役立ちます。ワンポイントに気に入った柄を切り抜いて、上から縫いつけるだけでぐっと良くなります。

パペット作りにもよく利用します。パペットのリボンやエプロン、スカーフなどに重宝します。友人や身内に声をかけておくと、結構使わないハンカチが集まってきますよ。
お試しください。

バナーハンドメイド

newうばゆり日記


  1. 2010/02/05(金) 23:18:00|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウッドビーズは百円ショップで

2009.11.20 Fri

久しぶりに「古日記」に書き込みです。

十年以上前のスカートやズボンを作った時の余り布を利用して袋物を作ってみました。

最近は洋服を作ることはほとんど無くなりましたが、2〜30年前は自分のも子供のもよく作ったものです。裁ち切れや余り布は捨てることも出来ず箱に入れて取っておいたのです。
又、何か作ろう〜と思ったまま何年も過ぎてしまいました。気に入った布は活用し、そうでないのは処分をしなければと思う今日この頃です。 

さて、今日お見せするのは
袋a
全体の布はグレイのざっくりしたウール地です。
その上に手織りの木綿地を縫いつけてあります。飾りステッチは着物地を細く裂いて糸にして縫いました。

ポケットのファスナーはジャケットの廃物利用です。
袋b
これは後ろ側です。
緑と赤のウッドビーズは百円ショップで買ったネックレスです。
手芸店よりも百均の方が種類豊富で安いです。とくにウッドビーズはネックレスや髪飾りなどに作られていますので、ひもを切って使っています。

古いウール地でも楽しい袋物に変身します。是非お試しください。


newうばゆり日記

バナーハンドメイド





  1. 2009/11/20(金) 22:09:36|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小石で人形を作る

2009.07.30 Thu

河原で拾ってきた小石で簡単な工作です。
手のひらに乗る程度の石で面白い模様が入っている石を探します。置いて座りがよいことも気をつけてください。
拾った小石
石を良く洗って、乾かします。

体と頭になる石を組み合わせてみます。後は接着剤で付けるだけ。
あっと言う間に出来上がりです。
石人形1

石人形2

頭を付けるときに少し傾げたり横を向けたりする方が面白い出来上がりになります。
子供の夏休みの宿題にも如何?旅行の思い出の石で家族の石人形を作って飾るのも良いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

newうばゆり日記

ちょっとお茶でも3

  1. 2009/07/30(木) 22:50:21|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

古布で飾りボタン

2009.03.21 Sat

古布ボタン

古布を使って飾りボタンを作ってみました。

最初は?の梅を作りました。これは 「乙女小箱」さんのサイトで作り方を見て真似をしたのです。
それを発展させて?や?を作ってみました。
作り方はとても簡単です。
袋物の飾りやブローチなどに活用しようと思っています。

飾りボタン作り方

大きさは自由に変えても出来ます。綿の詰め具合も適当に!
布の暖かみが出て、楽しいボタンが出来ますよ。お試し下さい。
中心部分にスパンコールやビーズを付けても良いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

newうばゆり日記 新しいうばゆり日記はこちら

ちょっとお茶でも3 
コメントはこちらへ

  1. 2009/03/21(土) 23:46:47|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パペット 頭の作り方(お婆さん)

2009.03.08 Sun

婆さん前
着物姿のお婆さんです。
草履もちゃんと履いています。

婆さん後ろ姿
後ろ姿はこんな!
着物は浴衣地を利用し、袂や襟も着物の様に付けました。
帯は絹の着物地利用です。

ややこしいのが頭です。
頭頂部に丸く見えるのは別にお団子を作り縫い付けてあります。
左右を三つ編みにして中央でまとめ縫い付けてみました。

   ……  ★  ……
婆頭作り方
柔らかいウールジャージを使うと扱いやすく、髪の毛らしくまとまります。
毛糸で髪を作るよりも布利用の方が簡単です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ←ランキングに参加しています
にほんブログ村

newうばゆり日記 ← 新しいうばゆり日記です

ちょっとお茶でも3 ← コメント お待ちしています

  1. 2009/03/08(日) 11:13:57|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パペット 顔の作り方

2009.02.24 Tue

色々な顔

ずらりと並んだパペットの顔です。

△▽○など図形が書いてありますが、その形に布を切って作ったのです。

1月16日にパペットの型紙を載せましたが、その時はしゃくれた顔(上段左)で複雑な型紙でした。
それ以外の顔は前後同じ形を2枚切ればよいので、とても簡単です。

丸形で直径11?です。三角形、楕円形、長方形でも概ねそれに合わせた大きさにすれば大丈夫です。

動物の場合は少し大きめの方がよいでしょう。

前後同じ顔布を ぐるりとぐし縫いをしてギャザーを少し入れます。それからミシンをかけて、首の差し込み用の切り込みを入れます。

切り込みから表に返し、綿を入れます。
ギャザーを少し入れておくと顔に丸みが出ます。

顔の中央に鼻を付けます。鼻は共布を丸く切り周りを縫い縮めて綿を入れたものです。

目はボタンでも良いし、手芸店で売っている目玉でも良いです。写真に写っている目は百円ショップで買ったものです。

口は刺繍糸でチェーンステッチをしました。
最後にほお紅で頬に色を付けました。

胴体とのつなぎ方は1/16の記事を見てください。

    ……★……

興味を少しでも持たれたらピポッと宜しくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

newうばゆり日記←新しいうばゆり日記

ちょっとお茶でも3←コメントはこちら

  1. 2009/02/24(火) 21:49:56|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パペット作り…足の作り方…

2009.02.19 Thu

足 色々
上の写真はパペットの足です。

今回は足の作り方を説明します。
足の型紙
型紙に縫い代をつけて生地を裁ちます。
足の部分はボディーや顔と同じ布を、靴はフェルトの様な厚地がよいです。

1・足を縫ったら表に返し、下3分の1位まで綿を詰めます。

2・靴を縫い表に返します。足を靴の中に入れ甲の部分に綿を入れます。靴と足を重ねて縫い縮めます。

3・靴裏に合わせて靴底を切ります。大体3×5?の楕円形になります。その靴底を靴裏に縫いつけます。

4・写真の靴のようにボタンやリボンを飾ります。

靴下をはかせる場合はジャージの生地を長めに切りますが、型紙は靴と同じです。

出来上がった足をボディーの前部分に縫いつけるのですが、その際足の長さを調節します。動物や赤ちゃんの場合は10センチ前後、子どもで12センチ前後、大人で14?前後です。余分な長さは縫いつける時に切り捨てます。

足が付いたら洋服を作りましょう。
 


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

newうばゆり日記

  1. 2009/02/19(木) 21:27:32|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

キッチン帽子の作り方

2009.01.21 Wed

エプロンと共布で作ると楽しいキッチン帽子になります。
洋裁が苦手という人も2〜3時間で出来上がる程簡単ですので挑戦してみてください。
簡単な帽子
縁取りだけ色違いの布を利用するのも良いですね。
帽子型紙

◆横40センチ高さ30センチの半円形に縫いしろ1?を付けて裁ちます。縁取り布は自分の頭回りを計りその長さにして裁ちます。

◆横40センチの直線を縫い縮めます。(これ以上縮まらないと言うだけ縮めます。)

◆そこに横4センチ高さ8センチの長細い半円の布を2枚切ります。1枚は表側からを貼り付け縫いします。縫い代が見えないように裏からも貼り付け縫います。

◆ぐるりと1周縫って自分の頭回りの長さに縮めます。

◆縁取りの布でくるんで出来上がりです。

裏布は付けませんが、縫い縮めた箇所には裏からもあて布が縫いつけてありますので、縫い目は全く見えません。

分かりにくかったらコメントを下さい。
誰にでも似合うと思います。
私は80、90になってもこの帽子を愛用するつもりです。

ちょっとお茶でも3←コメントはこちらへ

newうばゆり日記 ←現在のうばゆり日記

なっつべりー

  1. 2009/01/21(水) 21:07:56|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パペットの作り方

2009.01.16 Fri

休眠状態の このページを開いていただき有り難う御座います。

これからは、うばゆり日記(new)に載せた記事の補足をこちらに書こうと思っています。
手芸や保存食、花の育て方等を具体的にです。
手始めに今日はパペットの作り方です。




型紙


布を切り胴体の回りを縫う。
カーブのきついところに切り込みを入れてから表に返す。

作り方1
顔と頭をぐるりと縫う。 
頭の下の方に切り込みを入れ、表に返す。

作り方2
綿を中に詰め、目、鼻、口、頭飾り、頬などを縫いつける。
綿は詰めすぎない方がよい

作り方3
頭の切り口に胴体の首の部分を差し込み、縫いつける。
注:胴に手を入れ親指と小指はパペットの手の部分、残り3本を首の中に入れてから、頭に差し込む。この状態で詰め綿が少ないようなら足す。

長さ10センチ程度の足を作り胴の前部分に縫いつける。

作り方4
人形の完成
顔は、丸、三角、四角など好きな形で作れ、丸の場合で直径9〜11?くらい。
足は今回は10?だが、大人を作るときは13?位が良い。
作り方5
最後に服を着せる。
出来上がった人形に合わせて布を切って作る。胴体に手を入れるのでゆったりした服の方が良い。
履き物も出来上がった足に合わせて布を切り靴を縫う。
今回のは下駄を履かせてみた。

★不明な点がありましたら、コメントを下さい。
★布はフリースを利用しましたが、厚手ジャージや木綿でも作りやすいです。古いTシャツも利用できます。
★型紙はやや大きめの手に合わせてあります。ご自分の手に合わせてサイズ調節してください。


ちょっとお茶でも3←コメントはこちら 

newうばゆり日記

なっつべりー

下の「ハンドクラフト」をクリックすると他の手作りパペットがあります。

  1. 2009/01/16(金) 15:44:38|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

思い出の服が手提げ袋へ

2008.11.25 Tue

思い出の洋服から袋物へ

むかし、むかし、、、35年も前のこと。
憧れの銀座三越で見つけた洋服だ。

ニット布で作られたワンピースとベストに釘付けになり見惚れていると、

「試着だけでも、どうぞどうぞ。」の声に押されて着てみたよ。自分で言うのもナンダケド、なかなか似合っていたんだわ。

すかさず、店員さんはアメアラレの褒め言葉。後先考えず大枚はたいて買ってしまったよ。

確か似合っていたはずなのに、、デパートの鏡は魔法の鏡かな?、おかしいな〜と思っても後の祭りだ。

それでも何度かは来たものの、いつかタンスの肥やしで休眠状態になっていた。

3年着なければ捨てることにしている私だが、この服ばかりは捨てられない。
胴回りの贅肉がモロ現れるニット服だから、見苦しくて着られない。

ま〜 そんなこんなで手芸用の布として取って置いたのだ。

ニットの柔らかい布なので、その特徴を生かそうと下の方にギャザーを入れた手提げ袋とおまけの携帯ケース。
余った布で帽子も作ってみた。


バナー60冬1←「ブログ村シニア日記」ランキングに参加しています。

ちょっとお茶でも3←コメントはこちら

  1. 2008/11/25(火) 21:02:44|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

古セーターで手提げ袋

2008.11.21 Fri

素敵なベージュの編み込みセーター、でも娘はもう着ないという。
衣類ゴミの中から引っ張り出して、後ろ身頃だけを切り取っておいた。

セーターで手提げ袋

そのセーターで手提げ袋を作ることにした。

裾のゴム編みを入り口にして、長方形に縫っただけ。
裏はしっかりした木綿地を使い、ちゃんとポケットも付けた。

一番悩んだのが、持ち手とボタンだ。
焦げ茶色の持ち手にしたかったのだが、気に入った布がない。仕方がないので黒レザーの丸紐にした。
ボタンは一度付けたが、気に入らないので取り替えた。

縫っている時間よりも、紐やボタンを選んでいる方が余程長いのだ。
20?×24?のフワフワ暖かそうな手提げが出来上がった。

さて誰が持つのかな〜
作ることが楽しいのだから まっいいか!


バナーふわふわ60代←ココを押すとうばゆり日記の順位が分かります。(ランキング参加中)

掲示板バナー2
←コメントはこちら。 お待ちしています。

  1. 2008/11/21(金) 21:12:07|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

手作りパペット

2008.03.23 Sun

手作りパペット

うばゆりばあちゃんは子供の時もうばゆりチャンだったの?

とんでもない 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花ってね、、よく小百合小町って呼ばれたモノダよ

ふ〜ん 若いと時は「小百合」で年取ると「うばゆり」なんだ。じゃ ぼくはどうなるのかな?

それはね 今は「ぼうや」で次が「兄さん」それから「おじさん」最後が「爺さん」だよ。

ポカポカ日向ぼっこで 他愛のない話、、、


 ←森のロッジ

 ←元気が出るシニアブログ

  1. 2008/03/23(日) 22:43:45|
  2. ハンドクラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

うばゆり

Author:うばゆり
長野県で山里生活を楽しんでいます。花、山菜採り、流木や石拾い、手芸 ウロウロ散歩で大忙しの毎日です。
スモーク (同居犬) 自分が犬であることを自覚していない、体が馬鹿デカイ事を自覚していない、そんな犬です。そこから起こるトラブルがブログに登場します。
山人氏 (同居人)戸籍上は夫と言うが定かではありません。名前の通り「山の人」で自宅にいるよりも山の中にいることが多い。従って登場場面は犬以下です。
その他、猿、熊、カモシカ、鳥、虫などが活躍します。

最近のエントリー

検索フォーム

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約